Linux

マークダウンエディタTyporaにCSSを追加してテーマをカスタマイズする方法

はじめに

Ubuntuを使用するようになっていくつかマークダウンエディタを試していましたが現在はTyporaに落ち着いています。ただ、Typoraで画像の枠線を付けたい場面がありテーマをカスタムしたのでその方法をまとめておきます。

できるようになること

自分の任意のCSSを既存のTyporaのテーマに追加できるようになります。

前提と環境

以下の通りです。Ubuntu18.04にインストールしたTyporaですが、Windows、MacOSの場合でも同様だと思います。

  • OS : Ubuntu18.04
  • Typora : 0.9.72(beta)

任意のCSSを追加する

まず、Typoraのテーマは、いくつかのCSSから作られています。具体的には、以下の4つのCSSファイルがあり、以下の順番通りに読み込まれます。

  • 1. TyporaのベースとなるCSS
  • 2. 選択中のテーマのCSS(テーマ名.css
  • 3. ユーザ定義のCSS(base.user.css
  • 4. ユーザ定義の特定テーマ用のCSS(テーマ名.user.css

なお、私の環境ではありませんでしたが、base.user.cssは最初からある場合もあるようです。
そして上記のCSSファイルを確認するには、以下のようにTyporaの設定画面にある「テーマフォルダを開く」をクリックします。Typoraの設定画面は、Typoraを開いてメニューバーの「ファイル」→「設定」から開けます。もしくは「Ctrl + カンマ」のショートカットキーでも開くことができます。

Typoraのテーマフォルダが開くと、以下の様な内容になっていると思います。以下はUbuntuの場合ですが、テーマフォルダの中身はOSに関わらず基本的に同じはずです。

テーマフォルダの中身を見て分かるように、github.cssnewsprint.cssなど、デフォルトで用意されている各テーマのCSSファイルがあることを確認できます。
この各テーマのCSSファイルを直接いじることでカスタマイズもできますが、この場合はアップデート時に上書きされるため消える可能性が高いです。
そこで、ユーザ定義のCSSファイルを使用します。以降で2通りについて説明します。

全てのテーマに適用するユーザ定義のCSSファイルを作成する

まず、テーマに関わらず全てのテーマに適用したいユーザ定義のCSSファイルを作成します。これはbase.user.cssという名前で作成します。
すなわち、以下のようにテーマフォルダにbase.user.cssというファイルを新規作成し、後はbase.user.cssに追加したいCSSを記述すればOKです。

なお、CSSファイルを追加したり編集したりした場合は、Typoraを再起動しないと反映されません。
例えば、base.user.cssを以下のようにすると、画像全てに枠線を付けることになります。

base.user.cssimg {
  border: 1px solid #ccc;
}

特定のテーマのみに適用するユーザ定義のCSSファイルを作成する

全てのテーマではなく、特定のテーマのみに適用するユーザ定義のCSSファイルを作成することも可能です。これはテーマ名.user.cssという名前で作成します。
例えば、デフォルトで用意されている「Github」というテーマにユーザ定義のCSSを追加したい場合は、github.user.cssというCSSファイルをテーマフォルダに新規作成します。

そして、同様にgithub.user.cssを以下のようにすると、Githubのテーマ適用時にのみ画像全てに枠線がつきます。

github.user.cssimg {
  border: 1px solid #ccc;
}

他のテーマも同様で、例えばテーマ「Newsprint」のみにCSSを追加したい場合は、newsprint.user.cssというCSSファイルをテーマフォルダに作成すればOKです。

テーマギャラリーから好みのテーマを選ぶ

Typoraは公式サイトにテーマギャラリーがあり、そこから好みのテーマのCSSを確認、もしくはダウンロードできるようになっています。以下がテーマギャラリーへのリンクです。

まとめ

Typoraは見た目も綺麗で使いやすく、さらにマルチプラットフォーム対応で便利です。マークダウンエディタを探している方におすすめです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。