AnkerのウルトラコンパクトBluetoothワイヤレスキーボードが良い

購入目的と条件

自宅での据え置きのキーボードとしてではなく、出先での一時的利用として使うために購入しました。出先に1ヶ月とか数ヶ月滞在することが多く、この場合なぜかどうしてもMacbookproのキーボードではなく、外付けのキーボードで入力したくなり購入するに至りました。あとはパソコンだけでなく、スマホとかタブレットでメールを返さないといけない時にもキーボード欲しかったというのも理由です。基本的に一時的に使うものであり、持ち運びすることが前提なので以下が選定の条件でした。

  • 予算は5,000円以下(メインで使うわけではないのでできるだけ抑えたいため)
  • Bluetooth接続可(スマホやタブレットでも利用したいため)
  • 軽くて薄い(持ち運び前提のため)
  • できればUSB充電可(個人的に電池式が面倒)
  • Android、iOSでも使用できること(スマホやタブレットでも利用したいため)

上記の条件を満たしたキーボードの中で買いたいと思ったのがAnkerのキーボードでした。そして今回は以下のAnkerのウルトラコンパクトBluetoothワイヤレスキーボードを購入しました。執筆時点で2,799円でした。色はホワイトとブラックの2種類あり、今回はブラックを購入しました。
Anker製品はモバイルバッテリーでお世話になっており、不満なく使えているのでAnker製品自体には元々好印象でした。以下に外観や使ってみた感想をメモします。


開封

こんな感じの箱で届きました。
package_w730

カバー外すとこんな感じ。
package_in_w730

中身はこんな感じです。キーボードはちゃんとビニール袋に包まれてます。
anker_ultracompact_open_w730

また、四方にはビニールテープのようなものでぐるっと保護されていました。
anker_ultracompact2_w730

キーボード横に充電用のUSBポートと電源スイッチがあります。
anker_ultracompact3_w730

付属の充電用のUSBケーブルです。
anker_ultracompact_cable_w730

簡単なマニュアルも付属していました。
anker_ultracompact_guide1_w730

キーの割当についてなど。
anker_ultracompact_guide2_w730

良かった点

Bluetooth接続最高

これは当然といわれれればその通りなのですが、今まで有線のキーボードしか使ったことがなかったため、Bluetooth接続、無線でキーボードを使用できることの便利さを実感しました。
無線であるため有線に拘束されることなく自由に移動できます。つまり、ちょっとデスク広く使いたいって時にキーボードをどこでにもひょいっとどかせます。書いてみるとただただ当たり前なのですが、この便利さを良くわかっていませんでした。パソコン周りがすっきりしますし、デスク上のスペースを広く使えます。また接続も一瞬でできます。あとはこれまた当然ながらパソコンのUSBポートを使う必要がなく、1つ浮かせることができます。

安定して打鍵できる

値段が値段だったので、キーボード打ってる時にキーボード自体が結構動いちゃったりするかな?と思っていましたが、そんなこと全くありませんでした。以下のようにキーボード裏にゴムの滑り止めがついていて、無駄に激しく文字入力してもキーボードが動くことはありません。安定しています。入力遅延もないです。
anker_ultracompact_ura_w730

コンパクトで軽い

以下のようにMacbookproのキーボード部分とほぼ同じサイズでコンパクトです。重量は300g程度しかなく、持ってみるとそれ以上に軽く感じます。この軽さもあり取り扱いがすごい楽です。これなら持ち運びも苦にならないです。スーツケースはもちろんですが、リュックなどにいれても全然かさばらないです。
keyboard_size_w730

不満な点

強いて挙げるならばやはり打った感じ、打感が文句なしとはいかないです。不満かと言われると不満はなく、値段に見合った絶妙な感じです。ここらへんは個人差がかなりあると思いますが、個人的にはもっと深い押しこんだ感じがあっても良かったです。ただ、慣れてしまうと最早気にならないです。

まとめ

値段が3,000円を切る割りには不満という不満がなく満足できます。届く前は少しおもちゃっぽくて実用に耐えない可能性も考えていましたが、そんなことは全くありませんでした。十分使えるキーボードです。Macbookproに接続時にファンクションキーももちろん動作しますし、MacbookproのキーボードにはないDeleteキーもあり、普通に使えます。
また、コンパクトな上にBluetooth接続なためデスクがかなりすっきりするので、このままメインで使ってしまいそうな勢いです。それぐらい良い感じです。
なお、ウルトラコンパクトよりもさらに軽いウルトラスリムというモデルもあります。個人的には電池式ではなく充電式であること、安定感を重視したかったのでウルトラコンパクトにしましたが、軽さ最優先であればウルトラスリムは価格もさらに安いので良い選択肢になると思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL