vuejs

Vue.jsアプリをNow(zeit.co)にデプロイするまでの手順と使い方

はじめに

Nowは非常にシンプルなPaaSです。他のPaaSと比較しても必要な設定やデプロイまでの作業が非常に簡単になっています。Nowには以下のような特徴があります。

  • 事前にNowのアカウント作成する必要はなく、デプロイ時にメールアドレスを認証するのみ。クレジットカードの事前登録なども不要。
  • now.jsonという設定ファイル1つでデプロイできる。
  • デプロイされたアプリのURLはnow.shというドメインを使って自動生成される。
  • CDN、SSL、独自ドメインの利用も可能。
  • リソースの制限が緩い有料プランも用意されている。

2018年11月時点では無料プランと有料プランの2つがあり、リソースの使用量に対する制限が異なります。料金プランについては以下の公式ページに載っていますが、個人利用の用途であれば無料プランで十分だと思います。

・公式サイト

Now — Global Serverless Deployments

Now makes serverless application deployment easy.
Don’t spend time configuring the cloud. Just push your code.

・料金プラン

Pricing — Now

Now makes serverless application deployment easy.
Don’t spend time configuring the cloud. Just push your code.

この記事では、ローカルにあるVue.jsアプリをNow上にデプロイし、実際にブラウザからアクセスしてみるところまでの手順をメモします。

前提と環境

デプロイするVue.jsアプリは作成済とします。なお、以降の説明のうち、「デプロイに必要となるファイルの準備」の章のみがVue.jsアプリが前提となった内容です。

  • Windows10 + WSL + Ubuntu上にVue.jsアプリ作成済
  • Node.jsはインストール済とする
  • この記事で説明のために使用するVue.jsアプリはVue CLI3を使って作成したデフォルトの状態。

もしまだVue.jsアプリを作成していない場合は、以下の記事に作成手順をまとめていますので見てみてください。

Windows10(WSL使用)でVue.jsアプリを作成するまでの手順

Windows10のWSL(Windows Subsystem Linux)上でVue.jsアプリを構築して立ち上げるところまでの手順をメモします。

Now CLIのインストール

はじめにNowへのデプロイや起動中のインスタンスの確認、削除等を行うツールであるNow CLIをインストールします。Now CLIの使用にはNode.jsがインストールされていることが前提となります。以下のようにnpmコマンドでパッケージをインストールします。

$ npm install -g now

デプロイに必要となるファイルの準備

now.jsonの準備

Now CLIを使ってNowへデプロイするためには、デプロイするアプリの設定情報を記述するnow.jsonというファイルが必要になります。
now.jsonに記述する内容は、デプロイするアプリに使用したプログラミング言語やフレームワークに合わせて作成する必要があり、公式ドキュメントに色々な例が載っています。

ここでは、Vue.jsアプリ用に、now.jsonを以下のようにします。なお、now.jsonはVue.jsアプリのルートディレクトリに作成します。

now.json{
  "name": "itsmyfirstapp",
  "version": 2,
  "alias": "virmentapp",
  "builds": [
        { "src": "package.json", "use": "@now/static-build" }
    ],
    "routes": [
      {"src": "^/js/(.*)", "dest": "/js/$1"},
      {"src": "^/css/(.*)", "dest": "/css/$1"},
      {"src": "^/img/(.*)", "dest": "/img/$1"},
      {"src": ".*", "dest": "/index.html"}
    ]
}
name自身のアプリ名。指定しない場合は、デプロイするアプリのルートディレクトリ名が使用される。後述するaliasを指定しない場合は、このnameがデプロイしたアプリのURLの一部として使用されます。
versionNowにはバージョン1と最新のバージョン2があり、その指定。1と2でnow.jsonの書き方が結構変わっているため、明示的に指定することが推奨されている。
aliasデプロイ時に自動生成されるnow.shを任意の文字列に指定するためのオプション。詳しくは後述。
buildsビルドに関する設定。srcでビルド対象のファイルを指定し、useでビルドに使うBuilder(ビルダー)を指定する。useで指定されている@now/static-buildがBuilderで、デプロイしようとしているアプリの使用言語やフレームワークに応じて選択する必要あり。(公式に用意されているBuilderはこちらの公式ドキュメントに記載あり
routesルーティングの設定。srcでアクセス元(アクセスされたURL)、destで行き先となるパスを指定する。

package.jsonへの追記

また、自身のVue.jsアプリのルートディレクトリにあるpackage.jsonに少しだけ追記が必要になります。具体的には、scripts部分に以下のような追記が必要になります。なお、scriptsの中身は以下と全く同じとは限らず各自のアプリの設定等によって異なり、以下はscripts部分のみを抜粋しています。

package.json"scripts": {
    "serve": "vue-cli-service serve",
    "build": "vue-cli-service build",
    "lint": "vue-cli-service lint",
    "now-build": "npm run build" // これを追記
  },

以上で必要な準備は完了です。後はコマンド1つでビルドからデプロイまであっという間に完了します。

Nowへデプロイする

now.jsonpackage.jsonがあるVue.jsのルートディレクトリにて、以下のようにnowコマンドを実行します。

Vue.jsアプリのルートディレクトリ$ now

nowコマンドを実行すると、初回実行時はまず以下のようにメールアドレス認証のためにメールアドレスを聞かれます。

> No existing credentials found. Please log in:
> Enter your email:youremail@youremail.com

メールアドレスを入力してEnterを押すと以下のように、メールを送ったので確認するようメッセージが表示されます。

No existing credentials found. Please log in:
> We sent an email to youremail@youremail.com. Please follow the steps provided
  inside it and make sure the security code matches Handsome Ocelot.

指定したメールアドレスには、以下のようなメールが届きます。この中の「VERIFY」をクリックします。

クリックすると、ブラウザが開き以下のように「Email Address Confirmed」と表示されメールアドレスの確認が完了します。同時にターミナル上でも処理が進みます。

後は少し待機すると、以下のようにメッセージが表示されます。これで準備は完了です。

$ now
> No existing credentials found. Please log in:
> We sent an email to youremail@email.com. Please follow the steps provided
  inside it and make sure the security code matches Sunny Markhor.
✔ Email confirmed
> Ready! Authentication token and personal details saved in "~/.now"

改めてnowコマンドを実行すると、以下のようにメッセージが表示されデプロイされます。

$ now
Deploying /mnt/c/Users/albion/OneDrive/workspace/vueProject/firstapp under youremail@email.com
> Synced 1 file (334B) [1s]
> https://itsmyfirstapp-idksddmd.now.sh [v2] [in clipboard] [1s]
╶ package.json        Ready               [7s]
> Success! Deployment ready [9s]

上記のメッセージの中に、https://itsmyfirstapp-idksddmd.now.shというURLがあり、これがデプロイしたアプリのURLになります。実際にブラウザからこのURLにアクセスすれば、自分のアプリにアクセスすることができます。

aliasについて

通常デプロイ時に割当られるURLは、now.jsonnameの値とランダムなID+now.shで作成されます。例えば、上に載せたnow.jsonの場合は、nameitsmyfirstappなのでitsmyfirstapp-doirjtwoute.now.shというような形になります。しかし、ランダムな文字列を含むと覚えにくいため、このaliasで任意の文字列を指定し、それを持つnow.shドメインのURLを作成することができます。
例えば、now.jsonaliasvirmentappを指定すれば、デプロイしたアプリのURLはvirmentapp.now.shとなります。

すでにデプロイしている状態でかつnow.jsonaliasを指定していれば、以下のコマンドによってaliasを有効化できます。aliasを使うことで、デプロイしたアプリのURLが覚えやすくなり色々と便利です。

$ now alias
> Assigning alias virmentapp to deployment itsmyfirstapp-idksddmd.now.sh
> Success! virmentapp.now.sh now points to itsmyfirstapp-idksddmd.now.sh [8s]

なお、aliasは早いもの勝ちのようで、すでに他のユーザによって取得されている場合は以下のようにError!というメッセージが表示されますので、aliasを別の値に変更する必要があります。

$ now alias
> Assigning alias myapp to deployment itsmyfirstapp-n7jvelr7k.now.sh
> Error! The alias myapp is a deployment URL or it's in use by a different team.

登録したメールアドレスを変更したい場合

nowコマンドを実行すると、ホームディレクトリに.nowというディレクトリが作成されその中に認証情報が保存されます。具体的には、auth.jsonconfig.jsonという2つのファイルが生成されています。アプリのルートディレクトリではなく、ホームディレクトリです。
この.nowディレクトリを削除すると認証情報が参照できなくなり、削除後にnowコマンドを実行すると、改めてメールアドレス認証を求められます。
また、logoutコマンドでログアウトし、

$ now logout
✔ Logged out!

ログインすることでも違うメールアドレスを登録できます。

$ now login
We sent an email to yourotheremail@email.com. Please follow the steps provided
  inside it and make sure the security code matches Suspicious White Tiger.
✔ Email confirmed
> Ready! Authentication token and personal details saved in "~/.now"

デプロイしたアプリの確認と削除方法

デプロイ済のアプリは以下のlsコマンドで確認できます。

$ now ls
> 1 total deployment found under youremail@email.com [768ms]
> To list more deployments for an app run `now ls [app]`

  app       url                        inst #    type    state    age
  itsmyfirstapp    itsmyfirstapp-idksddmd.now.sh         -    -       READY    3m

stateREADYとなっていれば起動しています。

デプロイしたアプリを削除する場合は、rmコマンドでアプリ名を指定してrmを実行します。

$ now rm bayapp
> Found 1 deployment for removal in youremail@email.com [892ms]
> The following 1 deployment will be permanently removed:
  dpl_73CvqXZwbNGGWV4K14KX5gAR9R21      https://itsmyfirstapp-idksddmd.now.sh      15m ago
> Are you sure? [y/N] y
> Success! 1 deployment removed [1s]
- itsmyfirstapp-idksddmd.now.sh

注意点

2018年11月9日にNow 2.0がリリースされ、それに伴い無料プラント有料プランの内容も変更があったようです。これまでは、無料プランではデプロイしたコードの中身に加えて、ログも全て公開状態となっていたようですが、Now 2.0からは無料プランでもコードとログは公開されないようです。詳しくはこちらの公式ブログ記事に書いてあります。しかし、まだあまり情報もないため、コードやログが公開状態になるのがまずいような場合は、必ず調査した上で無料プランを使用するのが良さそうです。

参考サイト様

最後に、とても参考になった記事を以下にまとめておきます。
Now でクラウドの複雑さから解放されよう、今すぐに – Qiita
zeit/now-cli を使ってpublicなhttps環境へNode.jsアプリケーションを高速デプロイしてドメインまで取得する(タダで) – Qiita

まとめ

予想以上に簡単に自分のVue.jsアプリをデプロイすることができました。また無料枠も十分な印象です。試しに作成したアプリをトライアルで公開して確認してもらうなども簡単にできるので非常に便利です。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。