Excel VBAで別シートへの値挿入とPDF保存を自動化するマクロ

この前こちらでExcel VBAを使ってPDF保存するマクロをメモしました。今回はこのマクロを使ったちょっとした応用バージョンのマクロをメモします。

このマクロでできること

まずはじめに、ここに載せるマクロで何ができるかを簡単に書いておきます。このマクロは、お客さんに渡す領収書のような書類をPDF化したものを自動作成、保存することを目的としたマクロです。以下で例を用いて説明します。
以下のようにお客さんの情報としてDate(領収日)、Name(名前)、Amount(金額)が書かれた「Database」という名前のシートと、「Receipt」という領収書のテンプレートとなるシートがあります。

database図1 お客さんの情報が格納されているシート「Database」


receipt_temp図2 領収書のテンプレートであるシート「Receipt」


そして以降に載せるマクロでは、Databaseシートにおいて、以下のように名前を選択した各お客さんの情報(Date, Name, Amount)をテンプレートであるReceiptシートの対応する部分に自動で挿入し(DatabaseシートのData,Name,AmountをReceiptシートのData,Name,Amount横の空欄に挿入)、挿入後にReceiptシートをPDF化して保存することができます。

selected2図3 DatabaseシートのNameを選択した状態


例えば、図3のように、「Mick」、「Smith」、「Lynda」、「Liz」が選択された状態の場合、MickのData、Name、Amountが以下のようにReceiptシートに挿入され、これがPDFとして指定したフォルダに保存されます。

mick


そして同様に選択されたSmithには以下のようにReceiptシートが作成され、これがPDFで保存されます。

receipt_image


残りの「Lynda」、「Liz」についても同様です。なお、お客さんの名前の選択範囲は図3のように連続していても、していなくても大丈夫です。これが以降に載せるマクロができることです。このマクロ自体は実用性はほとんどありませんが、いろんなことの応用にできると思うのでメモとして残しておきます。

環境

  • Office 2010 Excel
  • Windows 7 Ultimate 64bit


準備

準備としては、上記のDatabase、Receiptシートを用意することと、Excelでマクロを使用可能にしておくことぐらいです。何かをインストールとかは不要です。そのままコピペで使用できると思います。

マクロの説明

以下にマクロを載せます。このマクロは、main関数(createReceipt)、Databaseシートの値をReceiptシートに挿入する関数(insertReceipt)、PDF化して保存する関数(printPDF)に分かれています。


createReceipt関数

ここでは、選択されたセルの行番号とその値を取得、保存し、それらをinsertReceipt関数、printPDF関数に渡しています。

36〜59行

ここは複数の選択範囲から選択されているセルの値とその行番号を取得しています。この部分については、以下のサイトのコードを参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

複数選択範囲のアドレスを取得する方法 | Microsoftサポート


insertReceipt関数

この関数は引数としてもらった行番号(rowNum)のA列、B列、C列の値をそれぞれ、同じく引数としてもらったシート(printSheet)のセルC4、C6、C8に挿入しています。図2を見るとわかるとおり、C4はDate、C6はName、C8はAmountを挿入するセルです。なお、値の挿入先となるC4、C6、C8にあらかじめ中央寄せやフォントの種類、フォントサイズなどスタイルを指定しておくと、挿入後も自動的にそのスタイルが適用されます。また、図2のように結合セルに値を挿入する場合は、先頭のセルを指定すれば値が挿入されるようです。

printPDF関数

この関数については、こちらに全く同じ関数をメモしてあるもので参照して頂ければと思います。
ただし、3点注意点があります。1点目はprintPDF関数のPDF化する範囲は、今回PDF化するReceiptシートの範囲に合わせてください。
具体的には、以前載せたマクロでは、印刷範囲の指定として、以下のようにA1:E41を指定していますが、

今回のReceiptシートでは広すぎるので、例えばA1:H10ぐらいに合わせたほうがいいです。まあ上記のReceiptシートをそのまま使うことは実用上ないと思いますが念の為。

また、2点目としては、PDFファイルの保存先となるフォルダをあらかじめ作るのを忘れないようにしてください。PDFファイルの保存先となるフォルダは以下の記述で指定しています。

最後3点目ですが、printPDFでPDF化するシートに画像を挿入してももちろんPDF化できますが、PDF化したシートに画像を挿入したあとで、そのシート上で画像のサイズを変更しないほうがいいです。PDF化するシート上で画像のサイズを変更すると、PDF化した時に画像のサイズがおかしくなります。なので、画像を挿入したい場合は、あらかじめ目的のサイズにしてから挿入したほうがいいです。

まとめ

ここに載せたマクロそのままでは実用的ではないですが、ここからいろいろ応用して手を加えていけば便利なマクロが組めると思います。もしもっと良い方法や使い方などがありましたら教えて頂ければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

  1. […] ##### 2014/6/23追記 こちらにこの記事に載せたマクロを使った応用例をメモしたので必要な方は見てみてください。Excel VBAで別シートへの値挿入とPDF保存を自動化するマクロ […]

  2. […] Excel VBAで別シートへの値挿入とPDF保存を自動化するマクロ […]

トラックバック URL