Windows用のお手軽なUNIXシェル環境としておすすめなGit for Windows (Git Bash)

はじめに

これまではWindowsでsshなどのUNIXコマンドを使用したい場合は、Cygwinをインストールして使っていました。ただ、最近はGit for Windowsというものを知りました。そして実際に使ってみたところCygwinよりもできることは限定されるものの、Cygwinよりもお手軽で十分で便利だったのでこれを使っています。sshやvi、gitなど基本的なコマンドやvagrant用に使いたい方におすすめです。ここにGit for Windowsのインストール手順をメモしておきます。

Git for Windowsのダウンロード

以下の公式サイトからダウンロードできます。

Git for Windows

アクセスすると以下の様な画面が表示されるので「Download」をクリックします。
gitforwindows-top
なお、上記サイトにも書いてある通り、Git for Windowsには今回の目的であるUNIXシェル環境を提供するGit Bashだけでなく、他にもその名前の通りgitのための機能があるそうです。

Git for Windowsのインストール

ダウンロードしたインストーラを起動すると以下の画面が表示されるので、「Next」をクリックします。
git_1

次も「Next」をクリックします。
git-2

ここでGit for Windowsのインストール先を聞かれるので、好きな場所を指定します。ここではデフォルトのままにして「Next」をクリックします。
git-3

以下の画面では色々なオプションを指定します。基本的にデフォルトのままで問題ないと思います。
git-4

続いてWindowsスタートメニューの中にフォルダを作成するかを聞かれます。そのまま「Next」をクリックすると、「Git」という名前のフォルダが以下のようにスタートメニューの中に作成されます。不要であれば「Dont create a Start Menu folder」にチェックを入れます。
git-5
以下がスタートメニューに作成されるGit for Windowsのフォルダです。
windows-start

続いて、Windowsの環境変数PATHについての設定です。選択肢の説明を以下に載せます。
git-6

  • Use Git from Git Bash only
  • 環境変数PATHに一切の変更を加えません。Git Bashのみでgitコマンドおよびその他のUNIXコマンドを使用できるようにします。

  • Use Git from the Windows Command Prompt
  • gitコマンドをWindowsのコマンドプロンプトで使用できるよう環境変数PATHに修正を加えます。gitコマンドをGit BashだけでなくWindowsのコマンドプロンプトでも使えるようになります。

  • Use Git and optional Unix tools from the Windows Command Prompt
  • Git BashとWindowsのコマンドプロンプトでgitコマンドおよびその他のUNIXコマンドを使用できるよう環境変数PATUに変更を加えます。ただし、Windowsのコマンドプロンプトで使用できる「find」、「sort」コマンドを上書きしてしまいます。熟知している人用のオプションのようです。

今回は一番上の「Use Git from Git Bash only」で進めます。

最後に改行コードに関する設定です。下の画像では「Checkout as-is, commit Unix-style line endings」を選択していますが、基本的に一番上の「Checkout Windows-style, commit Unix-style line endings」を選択してOKだと思います。以下に選択肢の説明を載せておきます。
git-7

  • Checkout Windows-style, commit Unix-style line endings
  • Gitでのチェックアウト時に改行コードをLF(Unix標準)からCRLF(Windows標準)に変換します。
    Gitでのコミット時に改行コードをCRLFからLFに変換します。gitでバージョン管理するプロジェクトを扱うOSがWindowsに限らず混在する、またWindows環境の場合はこのオプションが推奨されます。

  • Checkout as-is, commit Unix-style line endings
  • Gitでのチェックアウト時は改行コードを変換しません。
    Gitでのコミット時は改行コードをCRLFからLFに変換します。gitでバージョン管理するプロジェクトを扱うOSがWindowsに限らず混在する、またUnix環境ではこのオプションが推奨されます。

  • Checkout as-is, commit as-is
  • Gitでのチェックアウト時、コミット時に改行コードを変換しません。OSが混在する環境での使用は推奨されません。

改行コードに関するオプションを選択して「Next」をクリックすると、以下のようにインストールが始まります。
git-8

インストールが完了すると以下の画面が表示されます。「Finish」をクリックして完了です。
git-9

あとはデスクトップに作成された「Git Bash」アイコンをクリックすれば起動します。sshやvi、vagrantコマンドが使用できます。

おわりに

Git for WindowsはCygwinの代わりとなるUNIX環境としてはかなりお手軽で気にいっています。またGit Bashだけでなくgit用の色々な機能もあるようなので使ってみたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

  1. vagrantを使った仮想マシンの作成手順 said on 2015年3月20日 at 21:45

    […] Windows用のお手軽なUNIXシェル環境としておすすめなGit for Windows (Git Bash) […]

トラックバック URL