Google Apps Script で数値のフォーマットをカスタム形式で表示する方法と具体例

はじめに

Google Apps Scriptで扱う数値を色々なフォーマットをカスタム形式で指定して表示することができます。以下に日付や金額などの数値のフォーマットの指定方法と一緒に具体例をメモします。

数値のフォーマット指定方法

Google Apps Scriptでは、セルのフォーマットを以下のようなコードで指定できます。以下は適当なセル範囲(numberRangeは適当なセル範囲を指定済の前提)にnumFormatsで指定したフォーマットを適用しています。

上記のようなフォーマットが設定されたセルでは、数値が以下のように表示されます。

  • 正の値 → 1,235
  • 負の値 → (1,235)

つまりフォーマットの指定は正の値、負の値の場合で分けて指定可能です。さらに数値が0の場合のフォーマット、テキストの場合のフォーマットも指定できます。
よって数値のフォーマットの記述方法(上記の'#,##0;[Red](#,##0)'部分)さえわかれば後は範囲を指定して自由にセルのフォーマットを指定可能です。以降ではフォーマットの記述方法を具体例と一緒にメモします。

カスタム形式の記述方法

Googleの公式ドキュメントの説明は以下のようになっています。

カスタム表示形式を作成する際は、セミコロンで区切った 4 つまでのパターン(正;負;ゼロ;非数値)を表示形式に含めることができます。会計用の表示形式もサポートされています。


具体的に上記のカスタム形式の記述#,##0;[Red](#,##0)を説明すると、これは以下のようになります。

  • #,##0は正の値に対するフォーマットを指定しています。#は数値の1桁を表すため、ここの#,##0は3桁目からカンマを表示することを意味します。すなわち、###0のようにした場合は、カンマは表示されません。最後の0は小数点第何位までを表示するかを指定する時に使います。例えば、#,##0.0ならば小数点第1位、#,##0.00ならば小数点第2位まで表示します。
  • [Red](#,##0)は負の値に対するフォーマットを指定しています。[Red]は文字色の指定です。英語表記を[]で囲んで指定します。指定できる色は最後に載せている公式サイトに載っています。()はただの括弧で、負の値を括弧で囲んで表示します。


なお、カスタム形式を指定するためのフォーマットの記述方法は、スプレッドシートから確認することができます。
具体的には、以下のように、メニューの表示形式数字表示形式の詳細設定カスタム数値形式をクリックします。
custom_format_red

すると、以下のようにカスタム数値形式のサンプルが表示されます。
custom-fomat-window

この画面で適当なサンプルをクリックすると、以下のように具体的な数値が入った場合の表示例が見れるので便利です。
custom-format-example_red

もし自分が使いたいフォーマットの書き方がわからない場合はこれを参考にすると分かる場合があるかもしれません。
ちなみに、上の画像のカスタム形式の表示に、_)が含まれていますが、これはどうやらGoogleのバグ?のようです。この_)は無くて大丈夫です。試したところ、Google Apps Scriptで_)を含んだ状態でフォーマットを指定してみたところ、一応問題なくエラーなども出ず指定できました。
具体的には、#,##0_);(#,##0)#,##0;(#,##0)と同じです。

_)についてのフォーラムでの質問と回答
My text in Sheets has an underscore and parentheses around it? | Google Docs Help Forum



なお、色や記号の意味については、以下の公式ドキュメントに掲載されています。

スプレッドシートで数値の表示形式を設定する | Google ドキュメント エディタ ヘルプ


金額のフォーマット指定

上のカスタム形式の指定とほぼ同じですが、以下のように¥マークを入れれば金額用のフォーマットとしてももちろん指定できます。



上記のフォーマット指定では以下のように表示されます。@はテキストに置換されます。

  • 正の値:¥ #,##0 →:¥ 1,234
  • 負の値:¥ (#,##0) →:¥ (1,234)
  • ゼロ:0 →:0
  • テキスト:@[blue]テキスト


日付のフォーマット指定

日付のフォーマット指定ももちろん可能です。

yyyyは年、mm月、ddは日に該当し、yyyy-mm-ddの場合は2016-10-10のような形式でされます。
他にも以下のような形式が指定可能です。

以下のGoogle公式ドキュメントにも書かれているように、Java SEの形式に則っているようです。

Class Utilities | Google Apps Script
Class SimpleDateFormat | Oracle


参考

以下の記事に実際にフォーマット指定を使っているスクリプトを掲載しているので必要な方は見てみてください。
Google Apps Scriptでスプレッドシート間のデータコピーやファイル作成を行うスクリプト | virtualiment

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL