Go Linux

最新版のGo言語をLinuxにインストールする手順

はじめに

LinuxでGo言語を使用したい場合に、各ディストリビューションのパッケージマネージャーからインストールすることもできますが、バージョンが少し古いことがあります。この記事では、最新版のGoをLinuxにインストールする手順をまとめます。

前提と環境

この記事では、Ubuntu18.04にインストールしますが、手順自体は他の多くのディストリビューションでも同じだと思います。

  • OS : Ubuntu 18.04

以降の手順は、公式ドキュメントに従っています。

事前準備

もしすでにGo言語をインストールしたことがある気がする場合は、以下のコマンドでGo言語のバージョンを確認してみてください。

$ go version
go version go1.13.5 linux/amd64

上記のようにインストール済のGo言語のバージョンが表示されればインストール済です。もし末インストールの場合は、Command 'go' not found, のようなメッセージが表示されると思います。

インストール済の場合、各パッケージマネージャーでインストール済のGoをアンインストールします。以下はUbuntuでaptを使った場合です。

$ sudo apt-get remove golang-go

最新版のGoをダウンロードする

Go言語の最新版は公式のダウンロードページに置いてあります。ここでは、Linux(64bit)用のパッケージをダウンロードをwgetコマンドでダウンロードします。

$ wget https://dl.google.com/go/go1.13.5.linux-amd64.tar.gz

13.5.1は執筆時点での最新版です。最新版を公式ダウンロードページで確認して置き換えてください。

ダウンロードしたパッケージを解凍する

tarコマンドで/usr/localに解凍、展開します。go1.13.5.linux-amd64.tar.gzwgetコマンドでダウンロードしたものです。各自がダウンロードしたファイル名に置き換えてください。

$ sudo tar -C /usr/local -xzf go1.13.5.linux-amd64.tar.gz

Go用にパスを追加する

Ubuntuの場合はホームディレクトリにある.profileの末尾に以下を追記します。

~/.profileexport PATH=$PATH:/usr/local/go/bin

.profileを再読込みします。

$ source .profile

Goのバージョンを確認する

以下のようにGo言語のバージョンが表示されればインストールが無事に完了しています。

$ go version
go version go1.13.5 linux/amd64

まとめ

最新版のGoをLinuxにインストールする手順をまとめました。

SPONSORED LINK

2 thoughts on “最新版のGo言語をLinuxにインストールする手順

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。