Linux

Linuxで使えるMicrosoft OneNote用アプリP3X OneNoteのインストール手順


Image Credit : patrikx3/onenote

はじめに

MicrosoftのOneNoteはLinux用の公式アプリがありません。そこで代替としてですが、P3X OneNoteというElectron製のアプリが公開されています。この記事では、P3X OneNoteのインストール手順をまとめます。

P3X OneNoteについて

以下がGitHub上の公式リポジトリです。Electron製のブラウザでOneNoteにアクセスするアプリになります。

patrikx3/onenote

Linux Electron Onenote – A Linux compatible version of OneNote

なお、インストール方法として以下の3つ用意されています。

  • Snap形式
  • AppImage形式
  • NPM

この記事では、追加でライブラリをインストールする必要もなく簡単なAppImage形式をインストールします。AppImage形式のアプリについては、以下にまとめているので興味のある方は見てみてください。

LinuxでAppImage形式のアプリを使う方法と注意点のまとめ

Linuxではコマンド経由でアプリをインストールすることが多いと思いますが、インストールが不要で大抵のディストリビューションで使用可能なAppImageという形式があります。はじめてこの形式のアプリを見るとそもそも使い方がわからないということがあると思うのでこの記事では使い方と注意点をまとめておきます。

前提と環境

以下の通りです。

  • OS : Ubuntu 18.04 Desktop

P3X OneNoteをインストールする

以下の公式ダウンロードページから、最新のAppImageをダウンロードします。

以下のようにwgetコマンドでダウンロードしてももちろんOKです。

$ wget https://github.com/patrikx3/onenote/releases/download/v2019.10.301/P3X-OneNote-2019.10.301.AppImage

ダウンロードが完了したら、後は適当なディレクトリに移動します。私はAppImage形式のファイルを全て~/AppImageというディレクトリを作成してそこに置いています。

$ mv P3X-OneNote-2019.10.301.AppImage ~/AppImage/
$ cd ~/AppImage

後は実行権限を付与します。

~/AppImage$ chmod +x P3X-OneNote-2019.10.301.AppImage

以下で起動します。

~/AppImage$ ./P3X-OneNote-2019.10.301.AppImage

起動すると、以下のようにログイン画面が表示されるので自身のMicrosoftアカウントでログインします。

以上でインストールは完了です。

まとめ

Electron製でありすなわちブラウザでOneNoteとアクセスしているのと全く同じですが、もしそれでもOneNoteを重宝している人には便利だと思います。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。