Linux

Ubuntuのカーネルのみを最新にアップデートする手順

はじめに

現在Ubuntu18.04を使っていますが、たまーにいきなりフリーズしてしまうことがありました。原因を調べても特にわからなかったので放置していましたが、最近多くなってきたので調査したところどうやらカーネルが原因のようでした。そこで、Ubuntu18.04のままでカーネルのみを最新にアップデートしたのでその手順をメモします。カーネルのアップデートには、ukuu(Ubuntu Kernel Update Utility)というツールが手っ取り早そうだったので使用しました。以降で使い方をメモします。

ukuuについて

以下がGitHubの公式リポジトリです。

teejee2008/ukuu

Kernel Update Utility for Ubuntu-based distributions. Provides desktop notifications when new mainline kernel is available. Lists kernels from http://kernel.ubuntu.com/~kernel-ppa/mainline/ with options to install and remove.

公式ドキュメントを見てわかる通り、GUIツールです。以下の機能があります。

  • インストール可能なカーネルのバージョン一覧を表示
  • 任意のカーネルを自動でインストール可能
  • 利用可能な最新のカーネルがあれば通知

実際に使ってみたところ、簡単にカーネルを最新バージョンへアップデートできました。以降の作業は以下のサイト様を参考にさせて頂きました。

Upgrade Kernel on Ubuntu 18.04

On Ubuntu operating systems, Ubuntu Kernel Update Utility (UKUU) is used to manage and update kernels. UKUU has a graphical and a command line frontend. It is really easy to use.

環境と前提

以下の環境と前提です。

  • OS : Ubuntu18.04
  • カーネルver: 4.15.0-43-generic
  • 端末:Thinkpad X1 Carbon 2018モデル

現在のカーネルのバージョンを調べる

はじめにunameコマンドで現在のカーネルのバージョンを調べます。

$ uname -r
4.15.0-43-generic

-rオプションはカーネルのリリース番号のみを表示します。
unameコマンドのオプションはいかに整理されており助かりました。

Linuxコマンド【 uname 】システム情報を表示 – Linux入門 – Webkaru

unameコマンドは、システム情報を表示するコマンドです。 unameコマンド 書式 uname オプションを指定せずにコマンドを実行した場合、カーネル名を表示します。オプション -s と同じ結果になります。 オプション -aすべてのシステム情報を表示します。

ukuuをUbuntuにインストールする

はじめにukuuをインストールするためにリポジトリを以下で追加します。

$ sudo add-apt-repository ppa:teejee2008/ppa

あとは以下のコマンドでインストールします。

$ sudo apt-get install ukuu

なお、Ubuntu 18.04以降では、リポジトリを追加した後にapt updateコマンドを実行せずともadd-apt-repositoryを実行すればapt updateも自動で実行してくれます。
以上でukuuのインストールは完了です。

ukuuを使ってカーネルを最新にアップデートする

アクティビティから開くと、以下のようなukuuのアイコンが表示されるのでクリックします。

ukuuが開くと、まず最初に以下のように利用可能なカーネルバージョンの一覧を読み込みはじめます。

読み込み終わると、以下のようにインストール可能なカーネルのバージョン一覧が表示されます。

ここで、一番上に表示されている最新の4.20を選択した状態で、右にある「Install」をクリックします。

「Install」をクリックすると、Ubuntuの管理者パスワードを求められるので入力します。すると以下のようにカーネルイメージのダウンロードとインストールが始まるので、しばらく待機します。

無事にインストールが完了すると、以下のような画面になり、画面下部に「Close」ボタンが表示されるのでこれをクリックします。

最後に以下のような注意が表示されます。もしWiFi接続できなくなったり、フリーズが発生するようになっても慌てず再起動や古いカーネルに戻すなどの対処をするよう書かれています。「OK」をクリックします。

以下のようにインストールされたカーネルのバージョンに「Installed」と表示されます。

あとは再起動し、unameコマンドを実行してみると、以下のようにアップデートされていることが確認できます。

$ uname -r
4.20.0-042000-generic

以上で完了です。

まとめ

カーネルのアップデートはコマンドだけでも実行できますが、慣れていない方にはukuuの使用が楽だと思います。また、今回Ubuntu18.04のカーネルをアップデートしたところ、フリーズがなくなり非常に快適になりました。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。