Linux

LinuxでPDFのページ順序入れ替え、削除、回転などをGUIで操作できるPDFArrangerの使い方

はじめに

UbuntuをはじめLinuxの各ディストリビューションに標準でインストールされているPDFビューアでは、PDFのページ順序入れ替えやページの削除には対応していないことが多いと思います。PDFArrangerはこれらを可能にしてくれるアプリです。この記事では、PDFArrangerのインストール手順と簡単な使い方をまとめます。

PDFArrangerについて

PDFArrangerの主な機能として以下があります。それぞれについて以降で説明します。

  • ページの削除
  • ページの左回転、右回転
  • ドラッグ&ドロップでのページ順序入れ替え
  • 別のPDFファイルを追加して1つのファイルとして結合
  • 選択したページだけを新しいPDFファイルとして保存

以下が公式リポジトリです。

eromerobert/pdfarranger

Small python-gtk application, which helps the user to merge or split pdf documents and rotate, crop and rearrange their pages using an interactive and intuitive graphical interface

前提と環境

この記事では、Ubuntu18.04にインストールしましたが、PDFArrangerはArch LinuxやFedoraでも使用できます。

  • OS : Ubuntu18.04

PDFArrangerをインストールする

ここでは、Ubuntu18.04にインストールします。手順は簡単で、リポジトリを追加してaptでインストールするだけになります。

$ sudo add-apt-repository ppa:linuxuprising/apps
$ sudo apt update
$ sudo apt install pdfarranger

上記で追加しているリポジトリは非公式のものですが、リンクは以下になります。なお、Ubuntu19.04ではリポジトリの追加なしにUniverseリポジトリからのインストールが可能です。

PDFArrangerを使ってPDFを操作する

PDFArrangerを使って実際にPDFファイルを開いてみます。以下のように適当なPDFファイル上で右クリックし、「別のアプリケーションで開く」をクリックします。

以下のように、使用できるアプリケーションの一覧が表示されるので、ここでPDFArrangerを選択します。

すると以下のようにPDFArrangerでPDFファイルが開かれます。

ページを削除する

ページを削除したい場合は、以下のように削除したいページ上で右クリックして「Delete」をクリックします。

なお、間違って削除してしまった場合は、Ctrl + Zのショートカットキーで元に戻せます。

ページを左回転、右回転する

ページを左回転したい場合は、以下のように「Rotate Left」をクリックします。右回転は「Rotate Right」です。

ページ順序を入れ替える

以下のGIF画像のように、ドラッグ&ドロップで自由に入れ替えることができます。

別のPDFファイルを追加して結合する

以下のようにメニューバーの「File」→「追加」をクリックし、追加したいPDFファイルを選択します。選択したPDFファイルが元のPDFファイルの末尾に追加されます。

選択したページだけを新しいPDFファイルとして保存する

以下のように、新しいPDFファイルとして保存したいページを選択した状態で、メニューバーの「File」→「Export selection」をクリックします。最低1つのページを選択していないと、「Export selection」はクリックできる状態になりません。

操作したPDFファイルを保存する

最後に、以下のようにメニューバーの「File」→「名前を付けて保存」で保存します。

まとめ

Linuxを使用していて、意外にほしいと思うシーンが多かった機能の1つでしたが、とても簡単に必要な機能を使えるのでおすすめです。これをぜひデフォルトにしてほしいです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。