レビュー系

AVIOTの完全ワイヤレスイヤホンTE-D01dがコストパフォーマンス抜群でとても良い

はじめに

これまでAnkerのワイヤレスイヤホンを不満なくメインで使用してきましたが、どうにも完全ワイヤレスイヤホンが気になってしまい、そしてちょうど新製品が登場するタイミングだったこともあり、Aviot(アビオット)というメーカーの完全ワイヤレスイヤホンを購入しました。結果として大変満足でおすすめです。この記事では2ヶ月ほど使ってみた感想を載せます。

AVIOTについて

私自身はAmazonを見ていてたまたま見つけましたが、調べてみるとAVIOTというのはバリュートレード株式会社様のブランドで、2018年にクラウドファウンディングを経てはじまったブランドのようです。
そして以下のようなスローガンを掲げています。

AVIOT(アビオット)は日本の音を知り尽くした日本人オーディオエキスパート達が音質設計に携わる、日本発のオーディオビジュアルブランドです。”make A comfort zone”をスローガンに掲げ、高音質、高品質に加え、ずっと使い続けたくなる心地よさを追求しています。

AVIOTAVIOT

AVIOT

日本のサウンドを熟知した日本人オーディオエキスパートが携わる日本発のオーディオビジュアルブランド。高音質、高品質に加え、ずっと使い続けたくなる心地よさを追求し続けます。

TE-D01dの購入先と価格

Amazonで2019年2月10日に注文しました。価格は購入時も現在も11,794円です。

AVIOT TE-D01d-BK 完全ワイヤレスイヤホン ブラック
created by Rinker

TE-D01dの開封と同梱物

1万円Amazonで購入しました。外箱は以下のような感じ思っていたより高級感ありました。

外箱は以下のように開けます。

同梱物は以下です。イヤホン本体とケース、ケーブルなどの付属品です。

付属品は以下のように、充電ケーブル、ケース入れ、イヤーピース、説明書です。

ケースです。このケースはイヤホン本体だけでなく、スマホの充電器としても使用できます。

イヤホンをケースに収めた状態です。

TE-D01dの使ってみて

電池持ちが素晴らしい

電池持ちの良さには感動しました。これまで使用していたワイヤレスイヤホンは、どうしても毎日充電することを意識する必要があり、充電を忘れてしまって使えないという状況もたまにありました。
しかし、AVIOTのTE-D01dについては、すでに購入してから2ヶ月ほど経過していますが、「充電が切れて使えない」という状況に遭遇していません。
理由としては、以下の3つになります。

  • イヤホン本体の最大再生時間が9時間(通話時間は最大4時刊)と非常に長い
  • イヤホンをしまうケース自体が充電器となっており、イヤホンを格納すれば充電される
  • 充電器であるケースの充電容量も多く(1800mAh)、1週間丸々充電しなくても余裕

私は毎日このイヤホンを使用していますが、充電周りで煩わしさを感じたことはありません。
9時間連続で使い続けることもないため、使い終わったらケースにしまうため次使うまでに充電されています。
ちなみに、ケースの電池残量は、以下のように4つのインジケータで判別できます。

音切れなし

音楽、通話にかかわらず基本的に音切れがないです。駅などでも今の所切れたことがないです。ただ、後述しますがペアリング周りでの問題は稀にありました。

音質、通話もクリア

元々あまり音質というものにこだわりがないため音楽については十分良いとしか言えませんが、少なくとも今までのイヤホンでは聞こえていなかった音を認識できるようになりました。
聞き慣れた音楽でも、「こんな音も入ってたんだ。。。」という気づきがありました。
ちなみに、コーデックとしては、AAC、apt-Xにも対応しています。

また、通話についてはこれまで使用していたワイヤレスイヤホンと比べてはっきりと違いを感じました。
基本的にスマホと接続しっぱなしで使用していますが、電話やSkype、LINEなどの通話受信時にイヤホンのボタンを押せばそのまま通話を開始でき、大変便利です。

そして野外でも相手の声がクリアに聞こえますし、相手からこちらの声が聞こえにくいと言われたこともないです。
ワイヤレスイヤホンとしては至って普通な機能かもしれませんが、改めて便利さを実感しました。通話の前後でスマホを取り出すこともなく通話を完了できるというのはとても便利です。

ウェアラブルとして快適

長時間つけていても疲れないのと、当然ながらケーブルもなく干渉するものが一切ないため基本的につけっぱなしで過ごせます。

コストパフォーマンスが抜群

他の完全ワイヤレスイヤホンだと、良いものだと2万円前後するものも多いですが、このAVIOTのTE-D01dはすでに述べたように大変機能性が高いにもかかわらず1万円程度です。

TE-D01dの使ってみて気になったところ

音に少なからず遅延がある

例えばYouTubeを見ていると、動画によっては動画像と音に遅延があることを認識できることがあります。よって、例えば音楽ゲームなどで動画像と音の遅延を許容できない場合は少々使用が厳しいかもしれません。

ペアリングできないことが稀にある

2週間に1回ぐらい?の頻度でTE-D01dをケースから出してもスマホと接続できていなかったり、スマホとの接続が不安定(切れたりノイズが入ったりなど)があります。
これはもしかしたら使用環境の影響もあるのかもしれませんが、

防水性能は高くない

IPX4の防滴性能のみのため、例えばシャワーでつけたままの使用等はできません。個人的にはシャワーでの使用などは想定していないため特に不便はないです。

まとめ

個人的に大満足のイヤホンです。もし新しい完全ワイヤレスイヤホンを探している方がいればぜひおすすめしたいです。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。