vyattaのIPアドレス、ゲートウェイ設定方法

前回の仮想マシンの作成に続き、今回は以下の図中の各仮想マシンのIPアドレスとゲートウェイの設定方法をメモします。

virtual_net_configure
図1 KVM上の仮想環境構成図


vyattaのIPアドレスとゲートウェイの設定手順

まずvyattaを起動してログインすると、以下のような状態になっています。

vyattaの設定を編集するには、以下のように「configure」と入力してenterを押し、編集モードに入る必要があります。

編集モードに入ると、上のように、一番右にあった「$」マークが「#」マークに変わります。今回は、図1のvyattaA、vyattaB、vyattaCの設定を行いました。

IPアドレスの設定

vyattaのIPアドレスの設定は、以下のコマンドを実行することで完了です。

vyattaAの場合

・1行目
eth2のIPアドレスを図1のとおり「192.168.100.11/24」に設定しています。

・2行目
eth3のIPアドレスを図1のとおり「172.16.10.11/24」に設定しています。

・3行目
「commit」で設定変更を反映させています。

・4行目
「save」で設定変更を保存しています。

vyattaでは、設定変更後、変更を反映させるために「commit」、変更した設定を保存するために「save」を実行する必要があります。なお、間違えた設定を消すには、以下のように「delete」を使います。

ちなみに、vyattaにはコマンド補完機能があり、例えば「s」と一文字入力した後にtabキーを押すと、「s」に続く可能性があるコマンドをリスト表示してくれます。具体的には以下のような感じです。



以上でvyatta AのIPアドレスの設定は完了です。vyattaB、vyattaCの場合も同様で以下の通りとなります。

vyattaBの場合

vyattaCの場合



以上でvyattaのIPアドレスの設定は完了です。

ゲートウェイの設定手順

次に、ゲートウェイの設定を行います。具体的には以下のコマンドで設定しました。

vyattaAの場合

vyattaBの場合

vyattaCの場合

以上で完了です。


なお、vyattaでの設定が終わり編集モードを抜ける場合は、「exit」で抜けることができます

ちなみに、vyattaのシャットダウンは、以下のように編集モードから抜けた状態でshutdownコマンドを使用します。

このコマンドはLinuxでも同様に使えるコマンドです。「sudo」はroot権限での使用を意味し、「-h」はシャットダウン(再起動の場合は「-r」を使用する)、「now」は今すぐシャットダウンすることを意味します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL