ローカル内のサーバを名前解決してアクセスするためにunboundを使う

ローカル環境にサーバを立ててブラウザなどからアクセスする場合、いちいちサーバのIPアドレスを入力したり、IPアドレスが変わる度に他のユーザに通知したりする必要があり、面倒です。そこで、ローカル環境のサーバにも任意の名前でアクセスできるようにするために、DNSサーバを構築します。構築とはいっていますが、unboundというDNSサーバソフトウェアを使えば、非常に簡単に構築できます。以降にunboundによるDNSサーバの構築手順をメモします。

環境

unboundを動かすサーバ : Linux Mint 16

unboundのインストール

まずapt-getでアップデートし、インストールします。以下のコマンドを実行すれば完了します。


unboundの設定ファイル編集

unboundの設定ファイルである unbound.conf は、 /etc/unbound/ にあります。今回の目的を達成する最低限の内容は以下のとおりです。以下の設定ファイルによって、IPアドレスが 192.168.1.2 であるサーバの名前が foo.example.com に紐付けられて、foo.example.com でアクセスできるようになります。

なお、上記の設定ファイルの各オプションについては、以下の日本Unboundユーザ会のページに詳しく載っており、参考になりました。

unbound.conf | 日本Unboundユーザ会


unboundの動作確認

同じローカル内にあるパソコンのブラウザから上記で設定した foo.example.com にアクセスできればきちんと動作していると思います。また、nslookupやdigコマンドを使って名前解決してみて、応答がunboundが動作しているサーバからであるかどうかも確認してみるといいと思います。

使ってみて

unboundはインストール、設定が非常に簡単で便利です。また、unboundは名前解決した情報をキャッシュできるので、名前解決が早くなります。ただ、そもそも名前解決は通常ならば時間がかかるものでもないので、体感できるほどではないと思いますが。いずれにせよ、ローカル内のサーバへ名前でアクセスするという目的を達成する手段としては、unboundを使うことはかなり楽な選択だと思うのでおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL