Linux

Linux用のTodoistクライアントアプリTodoist Linuxをインストールする手順


Image Credit : todoist.com

はじめに

Todoistは人気あるタスク管理サービスの1つです。Todoist公式ではLinux用のクライアントアプリを提供していないものの、公式サイトにてLinux用のクライアントアプリをサードパーティ製として案内しています。この記事では、実際にLinux用のToDoistクライアントアプリをインストールする手順をまとめます。

TodoistのLinux用のクライアントアプリについて

以下のようにTodoistの公式ダウンロードページでLinux用のクライアントアプリが2つ記載されています。

今回は「KryDos レポジトリ」というリンク先にあるTodoist Linuxを使用します。Todoist Linuxは、TodoistのWeb版のラッパーでありElectron製のアプリです。公式リポジトリは以下になります。

Todoist Linux

This app is just an Electron wrapper for Todoist’s web version. This app works with both Windows and Linux.

前提と環境

以下の通りです。ubuntu18.04にインストールしました。Todoist Linuxはdebパッケージ以外にもrpm、pacman、zipでパッケージが配布されています。

  • OS : Ubuntu 18.04

Todoist Linuxをインストールする

こちらの公式リポジトリのリリースページに以下のようにいくつかの形式でパッケージファイルが用意されています。ここでは、Ubuntuにインストールするためdebパッケージをダウンロードします。2019年10月24日時点では 1.17 が最新です。

ダウンロードしたTodoist_1.17.0_amd64.debをダブルクリックすると以下のようにウィンドウが開くので、「インストール」をクリックします。

インストール完了後、アプリケーションメニューからTodoistを検索して起動します。以下のようなアイコンです。

起動すると以下のようにログインフォームが表示されるので、各自のアカウントでログインします。

ログインすると、以下のようにTodoistの画面が表示されます。

なお、ログインしても以下のように表示されて止まったままになった場合は、赤線部分の「Click here if you are not auto redirected.」というリンクをクリックするとTodoistの画面に遷移します。

以上でインストールが完了です。

まとめ

インストールできてしまえば後は公式のデスクトップアプリと同じような感覚で使用できると思います。Linuxを使っていてTodoistを愛用している方はぜひ使ってみてください。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。