Windows 10 で Bash on Windows を使用できるようにするまでの手順

はじめに

2016年8月3日からWindows 10のAnniversary Updateが提供され、その中にBash on Ubuntu on Windowsが含まれています。すなわちBash on Windowsです。これまではWindowsでシェル環境を使用するためにCygwinなどを入れていましたが、今回のBash on WindowsによってWindows10 ではbashを自由に使えるようになります。今回はそのbashを使えるようにするまでの手順をメモします。

Windows Subsystem for Linux (Beta)のインストール

まず以下のようにスタートボタン上で右クリックして、そこに現れるプログラムと機能をクリックします。
windows_start

すると、以下のような画面が表示されるので、赤枠で囲ってあるWindowsの機能の有効化または無効化をクリックします。
enable_windows

続いて以下のようにWindowsの機能というタイトルの小ウィンドウが表示されます。その中にWindows Subsystem for Linux (Beta)という項目がありますので、左端のチェックボックスにチェックを入れてOKをクリックします。
windows_subsystem_for_linux

ただし、Windows10が最新の状態でないと、Windows Subsystem for Linux (Beta)が表示されていないと思います。この場合は、Windows Updateを実施して最新の状態にする必要があります。私の場合はしばらく更新していなかったので、3回分ぐらい溜まっていました。再起動が何度か必要になります。溜まっているWindows Updateが全て完了して最新の状態になればWindows Subsystem for Linux (Beta)が表示されてると思います。

Windows Subsystem for Linux (Beta)のインストールが無事に完了すると、以下のような画面が表示されるので、今すぐ再起動をクリックして再起動してください。
after_install_reboot

開発者モードの有効化

bashを使用するには、開発者モードを有効化する必要があります。そのために、まずスタートメニューから設定を開きます。設定は以下のようにスタートメニューの歯車ボタンからいけます。
settings_from_startmenu

続いて設定更新とセキュリティを開きます。
settings

更新とセキュリティの画面のサイドメニューに以下の赤線枠のように開発者向けという項目があるのでそれをクリックします。
そして開発者モードという項目あるので、それをクリックします。
developer_mode

すると以下のような確認画面が出るので、はいをクリックします。
sure_for_developermode

開発者モードが有効になると、以下のようにPCを再起動するまで、一部の機能は動作しない可能性があります。と赤文字で表示されるので、再起動します。
after_enabled_developermode

以上で必要な手順は完了です。

実際に使ってみる

bashはWindowsのコマンドプロンプトから使用可能です。コマンドプロンプトの起動は、以下のようにファイル名を指定して実行をショートカットキーWindowsキー + Rで起動し、そこでcmdと入力して起動するのが楽です。
exec_filename

コマンドプロンプトが起動したら、bashと入力してEnterを押します。
bash

すると続行するには、"y" を入力してください:と表示されるので、指示通りyを入力します。
exec_bash

あとはWindows Storeからダウンロードが開始され、bash用のユーザ名とパスワードを設定するよう促されるので任意のユーザ名とパスワードを設定します。以下の画像内ではuser10というユーザ名にしています。
after_install

以上で全ての作業は完了です。これであとはいつでもコマンドプロンプトでbashと入力してEnterすればbashを使用できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL