Docker

Docker ComposeをUbuntuにインストールする手順

はじめに

Docker ComposeをUbuntu18.04にインストールしたのでその手順をメモしておきます。docker-composeコマンドが使えるようにするまでの手順です。Docker Composeのインストール自体はとても簡単です。

前提と環境

以下の通りです。

  • OS : Ubuntu 18.04
  • Dockerはインストール済とする

Dockerのインストール手順については以下にまとめているので必要な方は見てみてください。

Ubuntu18.04にDockerをインストールする手順

はじめはわかりにくいDockerですが、とりあえず手を動かして実際に使ってみると、その良さが次第にわかります。私自身、最初は良くわからないまま使い始めましたが、その便利さを使っているうちに実感できました。そこでここではUbuntu18.04にDockerをインストールする手順をメモします。

なお、以降の手順は以下の公式ドキュメントに基づいてます。 

Install Docker Compose

You can run Compose on macOS, Windows, and 64-bit Linux. Prerequisites Docker Compose relies on Docker Engine for any meaningful work, so make sure you have Docker Engine installed either…

この記事ではUbuntuへのインストール手順をまとめますが、Windows、macOSへのインストール手順についても上記の公式ドキュメントに記載されています。

Docker ComposeをUbuntuにインストールする

最新のDocker Composeのバージョンを以下の公式リポジトリのリリースページで確認します。

執筆時点では、以下のように最新版が1.25.1-rc1でした。

以下のコマンドを実行してDocker Composeをダウンロードし、/usr/local/binに配置します。1.25.1-rc1は確認した最新のリリース番号です。各自必要に応じて置き換えてください。

$ sudo curl -L https://github.com/docker/compose/releases/download/1.25.1-rc1/docker-compose-`uname -s`-`uname -m` -o /usr/local/bin/docker-compose

続いて実行権限を付与します。

$ sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

以上でDocker Composeのインストールが完了です。
Docker Composeのバージョンを確認してみると以下のように表示され、無事にインストールが完了していることを確認できます。

$ docker-compose --version
docker-compose version 1.25.1-rc1, build d92e9bee

まとめ

Docker Composeのインストール手順をまとめました。Docker Composeのインストールだけならばとても簡単です。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。