Majestouch Ninjaを購入したのでレビュー

これまでは数千円ほどのリーズナブルなキーボードを使用していましたが、ふと新しいキーボードが欲しくなり、ネットで色々調査していました。これまでも何度かキーボードを買い替えようと思ったことがあったので、高いキーボードは2万円もすることを知っていましたが、自分はそこまで高級品を購入するつもりはありませんでした。

ただ、高いキーボードはどんなものなのか興味があったこと、あと最近は毎日使うものにはお金をかけても許されるという暗示がかかっていることもあり、少し高めのキーボードを買おうと考えていました。結局3候補ぐらいに絞り、最終的にはダイヤテックのMajestouch Ninja US配列 赤軸 テンキーレス(ダイヤテックへのリンクです)というキーボードを購入しました。購入して1ヶ月が経ったのでレビューします。


見た感じ

箱から開けて出してみたところです。サイズ的にはテンキーレスなので結構コンパクトです。
front.resized

またキー印字がキートップではなく以下のようにキーの前面に印字されています。
frontzoom.resized

同梱品として、Windowsキーの違うデザイン版が2つと、USBとP2の変換アダプタ、キーを引き抜くツールが入っていました。
inst.resized

Windowsキーの違うデザインはこんな感じです。
winkey.resized

同梱品のWindowsキーに付け替えるとこんなかんじです。
winkey2.resized

あとキーボードを横から見ると打ちやすいようにこんな感じで反っています。
side.resized

使ってみた感想

良い点

デザインがかっこいい

テンキーレスでコンパクトであり、さらに今回購入したモデルは印字がキーの上ではなく、前面にされておりキーボードを上から見ると真っ黒です。横から見ても真っ黒です。個人的にこのデザインが気にいっています。写真はこんな感じです。

斜めから見たところ。
side2.resized

後ろから見たところ。
back.resized

タイピングがしやすい

正直なところ、使ってみるまではそんなに期待していなかった、というよりは今まで使っていたキーボードとどれだけの違いがあるのか全く予想できなかったというのが正確ですが、間違いなくタイピングがしやすいです。単純に今までつかっていたキーボードが合っていなかっただけかもしれませんが、比較にならないほどしやすいです。キーが押しやすく軽いです。ちなみに、キーボードは軸の色によってキーの重さや反発力が違うようです。私が今回購入したこのキーボードは赤軸であり、軽いほうのようです。抽象的ですみませんが、なんというか流れるようにタイピングができる感じです。もし軸の色による違いやキーボードについて詳しく知りたい方は以下のサイトが参考になるかもしれません。

キーボード特集 | ドスパラ

精神的に良い効果がある

なんというか、自分の中では高級な部類に入るキーボードを購入したことで、なぜか机周りも整理整頓しはじめ、なるべく綺麗にするよう心がけるようになりました。
このキーボードに見合った環境を維持しようという精神です。あと、音がいいので、仕事してる感が今までに比べてすごくあります。

微妙な点

タイピングに慣れるまでに時間がかかる

上でタイピングがすごくしやすいと書きましたが、実際のところ、使い始めは特にタイピングしやすいと感じることはありませんでした。というかむしろタイピングしにくい!とすら感じました。ただ、これは長い間同じキーボードを使っていて新しいキーボードの変えた場合はほとんどそうかもしれません。
なので買ってすぐに打ちやすいキーボードというわけではないと思います。1週間もあれば慣れると思います。そして慣れたら強い味方となり、もう以前のキーボードには戻れないです。

音がうるさい

MacBookProのキーボードと比較すると、タイピング音が大きく、うるさいです。個人的にはこの音も好きなのですが、たぶん周りに人がいるオフィスとかで使用したらクレームくるだろうなと思います。完全に自分しかいない空間で使用する分には問題ないですが。あと音は軸色によっても違うみたいで、好みが分かれると思います。どういうタイピング音なのか気になる方はYouTubeなどで検索してみると、実際にタイピングしているところを動画でレビューしてくれている方がいるので、参考にするといいかもしれません。

まとめ

これまで高いキーボードが試したことがなく、キーボードの買い替えを検討している方におすすめです。毎日使うものにはお金をかけてもいいと思います。また、私はUbuntu14.04で使用していますが、問題なく使えています。

ちなみにダイヤテックのサイトから購入すると、「FILCO」と印字された3色のキーがもらえるみたいです。価格は2014年6月24日時点で12,138円でした。また、今回購入したモデルはUS配列、テンキーレス、赤軸のモデルですが、その他にも日本語配列、テンキーありのフルサイズ、茶軸、黒軸、青軸のモデルが揃っているので、好みのものを選択することができます。気になる方はこちら(ダイヤテックのサイトです)
から見れます。

私が購入したモデルへのリンクは以下です。


Amazon、楽天市場からも購入可能です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SPONSORED LINK

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL