Microsoft

MicrosoftのOneDriveがよりセキュアに。パスワード保護や2段階認証保護が利用可能に。

OneDriveでフォルダのパスワード保護や2段階認証が設定可能に

2019年6月25日に投稿されえたMicrosoft Office 365の公式ブログ記事(OneDrive Personal Vault brings added security to your most important files and OneDrive gets additional storage options)によると、2019年末にはOneDrive上で特定フォルダをパスワード保護したり、指紋認証や顔認証などの生体認証、さらに2段階認証を設定したりできるようになるようです。公式ブログではこの機能をPersonal Vaultと表現しています。Microsoftは、このPersonal Vault機能により、パスポートのコピーやクレジットカードのコピーといったデータも安全にOneDrive上に保存できるとしています。

以下は公式ブログからの引用です。画像内の4つ目のフォルダとして「Personal Vault」という名前の金庫マークのフォルダがあり、「Locked」と表示されているのが分かります。

出典:Microsoft

上記画像からもわかるように、Windows10のデスクトップアプリだけでなくAndroidやiOSのモバイルアプリも対応します。
その他のクラウドストレージとしてDropboxやGoogle Drive、iCloudなどがありますが、OneDriveのようにフォルダ単位での保護機能はまだ提供されておらず、OneDriveが先駆けて展開する形になりそうです。

スキャン機能や一定時間経過後に自動でロック機能も

スマートフォンのカメラでスキャンしたファイルを直接Personal Vault内に保存する機能も提供されます。また、ロックを解除したフォルダで一定時間操作をしなかった場合には自動で再度ロックをかける機能も実装されます。一度再ロックされると、そのフォルダ上で使用していたファイルへのアクセスには再度認証が求められます。そのため、ファイルを開けたままにしても心配する必要はないと公式ブログでは書かれています。
なお、自動ロックまでの時間もユーザ側で設定できるようになるそうです。

出典:Microsoft

2019年末に世界中で展開される予定

まずはオーストラリア、ニュージーランド、カナダから展開されて、2019年末までに全世界のユーザが使用できるようになるとのこと。

OneDriveのプランも追加される

Microsoftは、これまで月額1.99ドル(日本では249円)で提供していた50GBのプランを100GBに増量します。また、Office 365を使用しているユーザには、1TBのOneDriveが提供されていましたが、さらに200GBあたり1.99ドルで容量を追加できるようになります。なお、最大1TBの追加まで可能となるため、合計で最大2TBまで使用できるようになります。

SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。